前日の試合が雨で流れ、移動日を入れて2日間の休養となりました。この中止はベイスターズにとっては恵みの雨だったのではないでしょうか。
 
フル回転していた中継ぎ陣や、頭部死球を受けたバルディリス、発熱していた黒羽根にとって、良い休養となったと思います。
 
さて、各球団との対戦が一回りし、今週は、開幕シリーズで負け越した巨人を本拠地横浜スタジアムに迎えました。
 
2015年4月15日 横浜スタジアム 4回戦
横浜DeNAベイスターズ 0-3 読売巨人軍
勝利投手:杉内 1勝
セーブ:澤村 1勝1敗3S
敗戦投手:モスコーソ 2勝1敗
本塁打:巨人 金城 1号
 

 

引っ張り過ぎた好投のモスコーソ

この日の先発は、2試合で防御率1.50と安定感のあるモスコーソ。前回の阪神戦では、コントロールに苦しみながらも粘って0に抑える投球を見せるなど、ベイスターズの投手陣の中では、今一番計算できるピッチャーと言えます。
 
この日も、四球を出すものの要所を締め、6回まで巨人打線を2安打に抑えます。ただ、要所でコントロールに苦しんでいた分、球数が少し多くなってしまい、6回で100球を超えていました。
 
しかし、ベイスターズベンチは、好投していたモスコーソを7回のマウンドに送ります。結果的にこれが裏目に出ました。ランナーを出しながらも二死までこぎつけましたが、今年巨人に移籍した金城に3ランを浴びます。
 
もともと、モスコーソは100球を越えるとコントロールがアバウトになる傾向がありました。この日も、球のキレはありましたが、コントロールに苦しみ出しました。
 
ベンチとしては、あと1イニング、あと1アウトという気持ちだったのかもしれません。それだけ中継ぎに信頼がなかったのか、それとも少しでも温存したかったという思惑があったのかもしれません。
 
ただ、理由はどうあれ、引っ張り過ぎたというのが打たれた理由でしょう。好投の杉内を6回でスパッと変えた巨人との継投の差が、結果に現れたように思えます。
 
 

失点のきっかけとなった6回の攻撃

7回に巨人に流れがいってしまったわけですが、そのきっかけとなったのが6回の攻撃にありました。
 
6回表のピンチを0で切り抜け、先頭の石川が好走塁のツーベースで出塁します。続く桑原の打席は、100%バントで送る場面でした。
 
しかし、杉内がバントを警戒し、ボール先行となったところで1-3からヒッティングに切り替えます。そして何を思ったか、フルカウントからまたバントに切り替えました。
 
結果として四球になりましたが、こういった不可解な場面が、モスコーソの2打席目でもありました。作戦に迷いがあったのか、それともただのサインミスなのかは分かりませんが、こういったことをすると、相手に流れがいってしまうものです。
 
桑原は結局四球を選んだので、この時点ではまだ巨人に流れは行きませんでしたが、このあとの采配にもミスがあったように思えます。それは、梶谷にバントをさせず、ヒッティングのサインを選んだことです。
 
両投手が好投して投手戦となっている試合の中では、先に点を取ることが何よりも大切なことです。ましてや、後ろの筒香は、杉内に全くタイミングが合っておらず、この試合に関して言えば、あまり期待できない状況でした。
 
あの場面、最悪なのはランナーを進めることもできず、1死1、2塁で当たっていない筒香に回ることです。それよりも梶谷にバントで送らせて、1死2、3塁にし、前進守備でヒットゾーンを広げたり、犠牲フライでも1点という場面を作れていれば、違った結果となったかもしれません。
 
梶谷がバントがあまり上手くないとか、筒香が全く当たっていないということで、ヒッティングを選択したのかもしれませんが、あそこで攻め切れなかったことで、巨人に流れがいってしまったのだと思います。
 
 

ベイスターズ的まとめ

前からそうなのですが、チーム状態がいいのにもかかわらず、ベンチの采配ミスで負けていることがよくあります。
 
好投していたモスコーソに勝ちを付けてあげたかったとか、色々と理由はあるのかもしれませんが、貯金があるからといって、5カード中3カード負け越している訳です。
 
決して圧倒的な強さで上位にいる訳ではないのですから、そこら辺をもう少し考えて欲しいものです。
 
さて、今日の先発は高崎。これまで2試合に登板し、2試合とも好投しています。何とか連敗ストップとなるようなピッチングを期待したいものですね。