アストロノーカ/
アストロノーカ
おすすめ平均
starsアストロノーカ
starsアストロキングを育ててみないか?
starsたった600円で遊べる楽しいゲーム
stars奇跡の良作
starsPS3で600円で買える!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今、PSPではインターネット経由で過去のゲームをダウンロードしてきてプレイできるという機能が付いて、PSPユーザーとして「試さない訳には!」と思い、オンラインで買ってみることにしました。

収録タイトルは、結構な数が用意されていて、新発売のタイトルもあるし、「アーカイブス」というところからは過去の名作を購入することが出来ます。
PSP Store にアカウントを作って(無料)、クレジットカードさえあれば、すぐに購入できるというのも便利だし、過去の作品はほとんど600円で購入できるというのも大きな魅力だった。


で、何を買ったかというと、『アストロノーカ』というシュミレーションゲーム。
アストロノーカ
作品紹介
宇宙の果ての小惑星。ヘルパーロボット『ピート君』と共に究極の野菜を作るため日夜努力しています。
野菜を荒す害獣・バブーに負けず、今日も元気に農作業に励むのでした。
野菜を種から丹念に育て収穫し、様々なコンクールで優勝を目指し、伝説の野菜「アストロキング」を作り宇宙一の農家になること!


そんな単純なゲーム面白いの?と思って始めたらハマってしまい、暇があればすぐ野菜育ててます。

1.野菜を育てると種が採れます。
2.種を植えて新たに野菜を育てるか、種同士を交配して品種改良を行うか。
3.育てた野菜はコンクールに出品して優勝を狙ったり、普通に売ってゼニーに変える事ができます。
4.野菜を売って得たお金で、ピート君の内蔵チップをバージョンアップさせたり、畑を増やしたり(初期は1つ)、交配マシンのレベルを上げたりできます。

多分ここまでの内容だったら「楽勝まったりゲー」としてハマることも無かったんだが、
このゲームにはもう1つの重要なキャラがいる。

それが、『バブー』と呼ばれる存在。

5.バブーはどこからともなく歩いてきて畑の野菜を食っていきます。

食われた野菜は「傷物」として扱われ、売値は半値になり、種が採れなくなる。最悪収穫することすらままならない状態に。
このバブーを撃退する為にトラップというものがあり、ジャンプ台や落とし穴などを駆使して畑を守ります。

■アストロノーカのフローチャート
・アストロキングの種を作るために交配を繰り返す
・交配マシンのレベルを上げなければいけない
・お金が必要になる。
・野菜を売る・コンクールの優勝賞金でお金をためる。
・野菜を効率よく収穫する為に畑を増やす
・増やすのにお金がいる
・バブーが畑を荒らしにくる。
・トラップを仕掛けなければいけない。
・トラップ購入資金がいる。(強力なものほど高い)
・安いトラップを上手に使ってバブーを撃退!

とまぁ、よく考えられて作り込まれたシステムに脱帽&ハマってしまったわけなんですが。
このバブーって奴は、やることはすごく憎いんですが、どこか愛らしい風貌でキライではないです。

・安いトラップを上手に使ってバブーを撃退!
していると「勝ったな」と思うんですが、そうは問屋が卸さない。


こいつら進化しやがるんです。

トラップを警戒しだして迂回したり、
トラップを破壊したり、
トラップ自体の効き目が無くなったりします。

なかでも恐ろしいのは、効き目が無くなるやつで、ジャンプ台というトラップを例に挙げると、何度もジャンプ台を使っていると、バブーの体重が増えて行きます。そうすると「このバブーには効きません!」という無情のメッセージと共に畑が荒らされます。
進化していくと、体重が重い/軽い、ジャンプ力がある、腕力がある、足が速いなどの特性をもちだします。
こうなると、昨日まで効果があったトラップが意味を成さなくなります。
そして、より強力なトラップを仕掛けるも、バブー進化→より強力なトラップ→バブー進化・・・と、イタチごっこになるっていう。

多分、バブー攻略法も調べたらあるんだろうけど、今は単純に楽しみたいので逆に最強のバブーを作る!くらいの気持ちでやっていこうと思ってます。

現状でいえば、
・風船サービス装置 ×1
・2マス扇風機 ×3
・強力ジャンプ台 ×1
だけで何とか防いでるけど、時間の問題かもしれません。
でも、お手軽で必要経費も少ないので、オススメ。配置は考えたらすぐわかると思うんで割愛しますが。

600円の割にかなり遊べそうな『アストロノーカ』は買って良かったと思えるゲームでした。
全クリしたら久しぶりにRPGにでも手を出してみようかな。

PSP持ってるけど新作ゲームはイマイチだなぁ。。。
って思ってたらアーカイブスを見てみるのをオススメします。