おそらく消費税は10%になるだろう。民意の反映だから、決定する事には従うし、そもそも従わなかったら、逮捕されるのだろう。よく知らないが、消費税以外にも、沢山、税金は払っている。タバコやお酒でも税金を払っている。

 そんで、節税対策だとか、経費だとか、そんなこんなで、わざとお金を使うような動きもあると思うのだが、それってどうなのかなーと思ったり。うち(の父親)も自営業だから避けて通れない道だと思うのだが。

 私自身は、気ままな実家系独身貴族男子だから、あんまり、税金の事は考えない。給料明細を見たときに、額面と手取りの差に、「うう」となるくらいだ。だけど、「税金を払うくらいなら経費として使おう」とか、また、消費税が10%になったら、確実に、使った金額に大して、得るモノは少なくなるだろう。色んな無駄を省いていけばよいのだけど…それだって、きっと、だるい。

 そんで、かねがね思っていたのは、税金を払う事を喜びに変えるライフハックってないものかな?と。子どもの頃は、もう少し、みんなのために何かをする喜びを知っていた希ガスし、その精神状態だったら、所得税とか府民税とか市民税の額をみて、「うう」とならずに、「やったー!」と思えたように思える。

 そう、税金を払えば、自分以外の人のためになる…それだけでも充分な悦びにならないだろうか。集まった税金の内訳とか、法人税がうんたらかんたらはよく分からないし、そういうのも含めて、民意だろうし。

 人間というのは、評価されたり、褒められたり、必要とされたりする事で、喜びを得るという。はてなで言ったら、スターとかブクマ数とか。だから、納税したらすげぇ褒められるとかいいのじゃないかなとか思った。企業の社会貢献だって、税金というのが、一番分かりやすいし。

 日本という国で生きている以上、税金を払うのは当然な訳で、みんなのために、税金を払う訳で、それを悦びに変えられたら…学生時代に学食で400円食べて、20円が消費税!とか思わなくてすんだかも知れない。

 納税を喜びに!納税!納税!納税!

 あー!楽して儲けたい!