•  夏の強い日差しで蓄積した髪のダメージ、抜け毛として表面化しはじめる抜け毛対策!
f:id:michiko10111011:20160814125052j:plain
 

対策1:疲れ 体力低下 寝不足対策

 

f:id:michiko10111011:20160814125717j:plain

9月の暑さからくる体調不調や倦怠感、だるさ。
疲れ、体力低下、寝不足から栄養不足や貧血・血行不良といった要因も、頭皮では抜け毛になって表れてくるのです。成長ホルモンを十分に分泌させて、皮膚の細胞分裂を促す必要があります。疲れは食事や睡眠から、睡眠は普段より1時間〜2時間早めに寝るように心がけて、それだけでだいぶ違ってきます。
暑い夏でも運動は大切。一種間に二日ほど運動する日を作ってください。
軽いウォーキングやジョギングだけでも大丈夫です。
 

対策2:タバコとお酒を抑える

 

f:id:michiko10111011:20160814130038j:plain

タバコや過度の飲酒も抜け毛の原因となります。タバコは毛細血管を収縮させる作用があるため、血液の流れが悪くなり、頭皮に必要な栄養素が供給されにくくなります。ビタミンB群は、アルコールを分解するためだけでなく、頭皮細胞を活性化し、新陳代謝を行うためにも必要な栄養素です。アルコールの分解によってビタミンB群が大量に失われてしまうと、頭皮の新陳代謝も目に見えて落ちてしまいます。

 

対策3:カラーリングやブリーチ、パーマなどを控える

 

f:id:michiko10111011:20160814130227j:plain

カラーリングやブリーチ、パーマなどを頻繁に繰り返すのは、頭皮や頭髪にダメージを与えます。抜け毛や薄毛が気になる人は、ほどほどにしましょう。どうしても必要な人は染料が頭皮に付かないように注意をしてください。
 

対策4:頭皮の清潔にし、正しいシャンプーを

 

f:id:michiko10111011:20160814130436j:plain

健康的な頭皮があっても、清潔とはいえない頭皮環境では髪の毛は育っていきません。 洗髪は頭皮環境を整える中で重要になります。

自分の頭皮にあったシャンプーで、爪を立てて髪を洗わないように頭皮は優しく指の腹で洗う洗髪をこころがけましょう。 シャンプーは流し残しがないようにしっかりとすすぎ、濡れたままの髪を放置せずに早めに髪の毛をかわかすようにしましょう。

対策5:豆乳や納豆でイソフラボン、たんぱく質を摂る

 

f:id:michiko10111011:20160814134403j:plain

豆乳はもともと、人の髪の毛に存在する保湿成分の構成要素である、アミノ酸が含まれる割合が高い素材。また、さまざまな種類があるアミノ酸の中でも、豆乳に多く含まれるグルタミン酸やアスパラギン酸は“髪に吸着する”“高い保水力がある”という特性を持っています。