昔といっても、確かWindows Server 2003では省電力化機能を搭載したCPUを使っていても、省電力化機能なんてサーバーにいらないよねって方針で使われていなかったと記憶しています。最近のGreen ITの流行に乗って(?)Windows Server 2008では省電力化機能を使う方針になったんですかね。
こういう話を聞くと自宅に限らず、Windows Server 2003をWindows Server 2008に入れ替えたくなるじゃないか。