皆さんは学校で大東亜戦争(太平洋戦争)は日本がアメリカを奇襲して侵略戦争を始め、アジアに深い傷を残した。の、ように日本が悪い悪いと教わってきたのではないだろうか?では、果たして日本が全て悪かったのかと言うと、、、実はそうではないのである。何故こんな状況になってしまうかというとこれはGHQの占領政策の賜物である。ではここからはQ&A方式でいこうと思う。Q何故開戦したの?Aアメリカからの圧力ですね。
Q圧力とは?A制裁や対日政策。ハルノートや日本の譲歩した政策の完全無視等です。
Q何故アメリカはそうしたのですか?A日本への危機感と英国のチャーチルからの参戦要求。経済の建て直しとアメリカの伝統政策のお陰ですね。
Q日本への危機感とは?Aはい。日露戦争で日本が勝ったことによる次は自分が攻められるのではないかと言う馬鹿な考えです。自衛戦争だったのにですよ。
Qチャーチルからの参戦要求とは?Aチャーチルは負けそう(日独伊3列強3正面作戦)だからアメリカに参戦要求をしたのです。
Qアメリカの伝統とは?Aこの時期に始まったんですよね。相手に罪を擦り付けて開戦!実は第二次世界大戦に参戦するためにドイツ領海内に駆逐艦送りつけて撃沈された!開戦だ!と騒いだり駆逐艦を自爆させてナチスだ!開戦だ!と騒いで見たりしてるんですが全部国民の反対でおじゃんになってるんですよ。だからアメリカは日本を突き飛ばして危機的状況に陥らせることで攻撃させ開戦に持ち込もうとしたんですよ。
Q真珠湾攻撃は奇襲なんですか?またアメリカは知っていたんですか?Aはい。事実的には奇襲になってしまいました。開戦の日、大使館は送別会で開戦の暗号を伝えなかったのです。山本五十六は伝えたか?と、何度も聞いてるのですが、、、、これは外務省にスパイがいたのでは?と、いう説が有力ではありますが証拠がないため実証できません。しかし、南進を決定的にした蘭印の石油埋蔵量等は実際の残っている記録と会議で報告されたという記録が大幅に噛み合わないために開戦させるためにスパイがいたというのが通説?と、なっています。アメリカが知っていたか。はい。そうだと言えます。真珠湾攻撃は空母6隻戦艦2隻巡洋艦3隻に護衛多数という大艦隊で行われたのです。なぜ、きずけなかったのか?理由が見当たりません。実はこのあとアメリカは老朽化した砲艦1隻を残して皆日本海から消えてるんですよね。それと、奇襲される日と予想されたはずの日に何故か空母3隻と新型かんが皆撤収してしまってるんですよねw空母何て奇襲時刻ちょうどぐらいには厳戒体制がしかれて偵察機を何度も出して無線封鎖までやってるんですよ。つまり予想していたというわけです。その証拠に真珠湾には老朽艦しかいなかったのですよ。対日の要所に新型艦が皆無と言うのは不思議でしょ?では老朽艦といえど何故あんなに被害を受けたかというとアメリカが日本をなめてたからです。アメリカは日本は空母から数十機の爆撃機が来るかもとしか考えてなかったのです。



と、ここまで来ましたが、もっと質問がある場合には私に回答をリクエストしてみてください。リクエストは私のMy知恵袋のアイコンのしたから出来ます!